トップ〜豆知識
金封の右肩にある「上が広く下が狭い長六角形のもの」を言います。正確にはその中央に包み込まれた黄色いものが「のし」で、現在ではゼラチンやビニールの模造品ですが本物は「貝あわび」でできています。そのあわびは打ち伸ばされていて「のしあわび」と申します。
 あわびは古代より神へのお供え物として使用されていましたが、室町時代中期頃より儀式に欠かせぬものとして珍重されるようになりました。
 「打ちのばす」の言葉から武士に好まれ「長くのばす」という意味から商人に喜ばれました。実際にあわびは食すと精を増して延命に通ずることから「長生不死の妙薬」とされてきました。現在に至っても儀式の際には「真新しく新鮮で清らかな品である」と表現するために金品に添えられているものです。
 ただし「のし」は本来、あわび貝の肉をのばしたものですから、仏事には決して用いるものではございません。

金封の中央で結ばれているものを「水引」といい、水引のことを「のし」と いうのは誤りです。水引の発祥は日本髪を結うための元結で、色のついた元結は、 女性が口に元結をくわえて髪を結う時に口紅がついて生まれたという説があります。 そしていつしか元結も色染めして使われるようになりました。
 水をまく(引く)ことは清める意味に通じるので、水引で結ぶというのは、 大切な金品を清める意味となり、結んだところにその人の心が宿っているとともに 相手の手に届くまで開けてはいけないという封の役目もございます。
 
お問い合わせはこちらから リンク 求人募集 お問い合わせはこちらから